水道代の節約術

節約というと、やはり光熱費があげられますよね。その中から、上下水道代を取り上げ、自分が日々行っている節約術や、知人から教えてもらった節約術について紹介させていただきます。まずは、節水コマの利用についてです。水道の蛇口ハンドルの下にあるコマを、節水コマに取り換えるだけで、蛇口から出る水量が減り、節水につながるというものです。ついつい水を出しすぎてしまうことがありますが、それを防ぐための節水グッズで、ホームセンターで売られています。ただ、昔ながらの蛇口は簡単に取り付けできますが、最新のシステムシンクなどは、蛇口ハンドルと一体型のものが多く、その場合は節水コマが使用できません。続いて、お風呂の水です。基本的に、体を洗い流すときは、湯船のお湯を利用します。極力シャワーは利用しません。シャワーの口も節水タイプのものに取り換えます。これも、ホームセンターで様々な種類があるので、選んで取り替えてみてください。また、余った水は洗濯1回分に利用し、さらに残った水は水洗トイレ用にバケツ1〜2杯残しておき、残りの水でお風呂を洗います。続いて、トイレです。トイレのタンクに、500mlのペットボトルに水を入れ、2本入れておきます。これは、タンクによっては入らなかったり、内部の機器の動作を邪魔しまったりする場合もあり、ある程度知識がないと難しいと思います。ですが、一回のトイレの水洗で1リットルの節約につながるため、効果はけっこうあります。また、先ほどお風呂の残り湯をバケツ1〜2杯残してありましたので、流した後、これをタンクに入れて利用します。力のない方にはおすすめできません。最後に、外の水道についてです。外の水道は、洗車に利用したり、草花の水やりに利用したりすることがほとんどです。そのため、その分の下水道料金を支払うのはもったいないと思います。ですが、そのことはどうしようもありません。そこで、雨水を利用することをお勧めします。雨どいの下に落ちてくる筒に細工を加え、隣に置いたタンクに流し、雨水をためて利用する方法があります。様々なグッズや道具がありますので、ネットで調べてみてください。

シマックス

大阪のお見合いパーティー まずは実績をチェック!

難聴 予防

髪の毛のお悩みはこちら